inayamafumitaka’s official diary

冬コミC93金東キ30b/プロジェクトマネージメント/人材育成・研修/執筆/書評・・・執筆・講演をお受けします。Twitter(@inayamafumitaka)のDMでコンタクトしてください POStudy(10月18日)登壇します!!

たまゆら竹原訪問記 食べ歩き

たまゆらの聖地の竹原には夜に現地入りしたので、竹原での食事の機会は夜、朝、昼と3回あったのでした。

Rettyの検索結果は悲惨で、食べログでも心もとない感じで。行ったら行ったでなんとかするのがプロマネってもんです。

まあ、ソリューションは「ジモピーに教えてもらう」ですけど。ただ、このソリューションも肝心なのは頼りになりそうなジモピーを捕まえられないとどーしようもないという…。

今回は、投宿先となったグリーンスカイホテル竹原のスタッフの方に教えてもらったお店に。どのお店もスタッフの飲み会で使っているとのこと。

で、夜はこちら。

retty.me

お酒は地元の純米たけはら。

f:id:inayamafumitaka:20170205145614j:plain

お通しは、エビ、蓮、ポテトサラダ。

f:id:inayamafumitaka:20170205145613j:plain

刺身の盛り合わせ

f:id:inayamafumitaka:20170205145615j:plain

広島といえば牡蠣。どうやって食べようかと悩んだ末に酒蒸しに。

f:id:inayamafumitaka:20170205145617j:plain

竹原牛は串ごとにポーションが違う。

f:id:inayamafumitaka:20170205145618j:plain

金曜だからか、店内は混雑していて賑やかで騒がしい感じだったのと、値段は相応でした。

宿のホテルに戻って、なんとなくハードリカーでも飲もうかとバーに。洋酒より日本酒推しだそうで、リストの2種類の他に奥から出てきたのがこれ。

f:id:inayamafumitaka:20170205155911j:plain

ワイングラスで出てきたけれど日本酒用ではないだろうなぁと思いながらも尋ねてみたら思ったとおりでワイン用のグラスでした。

バーテンダーさんはこのお店の前は沖縄で働いていたとかそんな話をしながらちびちびと。

2/3くらいまで飲み進めていたら、別のお客さんが入ってきて賑やかになってきたので部屋に退散。

f:id:inayamafumitaka:20170205145619j:plain

朝が2食目。これは宿泊プランの洋食メニュー。ブッフェに慣れているとプレート出ててくるのが新鮮。

f:id:inayamafumitaka:20170205155912j:plain

ソーセージ、ベーコンやハムが4種類あって思った以上にボリュームがある。

f:id:inayamafumitaka:20170205155913j:plain

早めのお昼はこちら。

retty.me

電車での旅の良いところはいつでも飲めることですねー。車だとこうは行かない。

f:id:inayamafumitaka:20170205145620j:plain

メニューでは広島焼きじゃなくてお好み焼きでした。そば入りでしたけど。

ソースの甘さもあってなかなかのボリュームです。

f:id:inayamafumitaka:20170205145621j:plain

テーブルをよく見てみたら、辛味のソースがあったのでアレンジしてみようかと思ったら注意書きがやばそうなのでほんの少しだけ振ってみたらめちゃ辛い。

f:id:inayamafumitaka:20170205145622j:plain

ビール飲んでから気づいたメニューがこれ。キャラごとに味の種類があるようです。隣のお兄ちゃんが頼んでいたので気づいた…。

f:id:inayamafumitaka:20170205155914j:plain

新幹線に乗ったらこれですね。スジャータじゃないけれど、イチジク味は限定だそうでつい頼んでしまいますね。

f:id:inayamafumitaka:20170205145623j:plain

お店が開いていなくて残念だったのは茶房ゆかりかな。竹原は呉線で大分奥なのでそうそう行けないかもしれないからなぁ。